SEOとは、検索エンジンの検索結果の上位にWebサイトを表示させるようにすることです。検索エンジンからのアクセスが大半を占める現在、これを施行するべきなのは言うまでもありません。

しかし、ただ検索エンジンからの評価が高ければいいとは思いません。ホームページの本来の役割…「情報を伝える」ということが何よりと考えます。

どんなに素晴らしいホームページを作っても、その存在を知らなければ誰も足を運びません。その観点からSEOはもちろん大切です。しかし、せっかく足を運んでくれた訪問者に、求めていた情報をしっかりと伝えることが我々ホームページ制作会社に与えられた使命だと思っております。

しっかりしたホームページを制作することで、その時々の検索エンジンのアルゴリズムにとらわれない持続性のあるSEO効果を生みだします。

モバイルフレンドリー

レスポンシブデザインについてのページでも述べておりますが、Googleが2015年4月に発表した「モバイルフレンドリー」、そして「モバイルファーストインデックス」により、ホームページのモバイル対応はいまや必要不可欠となってきています。

SEO対策としての施行はもちろん、求めていた情報をしっかりと伝えられるホームページを制作するという点で。まずモバイルフレンドリーが第一です。

クオリティWebデザインのSEO対策

検索キーワードの選定

ご依頼時にお客様の業種から候補となるSEOキーワードをリストアップし、お客様の理想に近い検索結果でできるだけ上位で表示されるようなキーワードを選択し、提案いたします。

これをもとに、ホームページに適切にキーワードを盛り込んでいきます。

ソースコードの適切な記載

ちょっと前までは外部からのリンクさえ得られればある程度上位表示されていましたが、現在の検索エンジンではそう簡単にはいきません。Google、Yahooなどの検索エンジンはいかにしっかり作られているかが重視されます。

クオリティWebデザインでは、SEO内部対策と呼ばれる手法を講じることで、良質のコンテンツを的確に伝えられるよう心がけます。

表示スピードを重要視

Googleが提供する「PageSpeed Insights」を使って訪問者がホームページにアクセスしたときの表示速度もチェックします。

クオリティWebデザインでは、PC用90点以上、モバイル80点以上になるようホームページを制作します。

PageSpeed Insightsでのテスト結果

検索エンジン登録代行

内容が大事とはいえ、外部からのリンクが影響するのは確かです。多くの良質なホームページからリンクが貼られることで、検索エンジンでの表示順位は上がる傾向にあります。

なにより、Googleに登録し、一つでもほかのサイトからのリンクがなければその土俵に上がることはありません。

主要検索エンジンや、その他いくつかの検索エンジンに登録することで、良質の被リンクを獲得します。

より良質なホームページへ

Googleから「検索エンジン最適化スターターガイド」というものが公開されており、SEOにあまり馴染みのない初心者にも優しくわかりやすいものになっています。

クオリティWebデザインが提供するホームページも、このガイドをはじめGoogleが提唱するガイドラインに沿って作成します。

お客様もこのガイドラインに沿ってホームページ内のページを適切に追加・更新して行けば、必ず訪問者にも検索エンジンにも高い評価を得るホームページに育てることができます。

まずは運用開始後、一緒にSEOについて学んでいきましょう!

より良質なホームページに育てる