"唯一無二"へのカスタマイズ

クオリティWebデザインでは、基本テンプレートの中からもとになるテンプレート(レイアウト)をお選びいただき、背景色、文字色、ナビゲーションメニュー、リンクボタンの色や画像などのパーツを変更していきます。

テンプレートといっても、あらかじめ決められているのはレイアウトのみ。現在公開されている世界中のホームページも、分類してみればごく限られたレイアウトで構成されています。
同じテンプレートでも、業種の違いやお客様の想いで唯一無二のホームページが完成します!

ぜひ最後までお読みいただきたいページですが、お急ぎの方はお気軽にお問い合わせください。

構造を選ぶ

ホームページのレイアウト構造を以下のタイプからお選びいただけます。
ここでは、レイアウトのみご確認ください。メニュー・コンテンツタイトルの背景や画像などは変更できます

1列型タイプ

コンテンツが縦1列に並ぶタイプです。ランディングページなどもこのタイプに属します。

1列型Aタイプ
テンプレート 1列型Aタイプ

ヘッダー、メニューが上に並ぶタイプです。一番人気で、ページ数が5~6ページの場合に適しています。

1列型Bタイプ
テンプレート 1列型Bタイプ

ロゴとメニューが上部で横に並ぶタイプです。ページ数が5~6ページの場合に適しています。

1列型Cタイプ
テンプレート 1列型Cタイプ

ヘッダー、スライドショー、メニューの順に並ぶタイプです。ページ数が5~6ページの場合に適しています。

1列型Dタイプ
テンプレート 1列型Dタイプ

ロゴとメニューがスライドショー下部で横に並ぶタイプです。ページ数が5~6ページの場合に適しています。

1列型Eタイプ
テンプレート 1列型Eタイプ

ヘッダー、メニューが上に並び、スライドショーがフルスクリーンサイズ。スクロールして初めてコンテンツが表示されます。

1列型Fタイプ
テンプレート 1列型Fタイプ

ロゴとメニューが上部で横に並び、スライドショーがフルスクリーンサイズ。スクロールして初めてコンテンツが表示されます。

2列型タイプ

メインのコンテンツとバナーやリンクなどのサイドバーが左右に並ぶタイプです。メイン記事、サイドバーは左右入れ替え自由です。
スマートフォンサイズの場合、メインコンテンツ、サイドバーの順に縦に並びます。

2列型Aタイプ
テンプレート 2列型Aタイプ

ヘッダー、メニューが上に並ぶタイプです。2列型では一番人気で、ページ数が5~6ページの場合に適しています。

2列型Bタイプ
テンプレート 2列型Bタイプ

ロゴとメニューが上部で横に並ぶタイプです。ページ数が5~6ページの場合に適しています。

2列型Cタイプ
テンプレート 2列型Cタイプ

ヘッダー、スライドショー、メニューの順に並ぶタイプです。ページ数が5~6ページの場合に適しています。

2列型Dタイプ
テンプレート 2列型Dタイプ

ロゴとメニューがスライドショー下部で横に並ぶタイプです。ページ数が5~6ページの場合に適しています。

2列型Eタイプ
テンプレート 2列型Eタイプ

メニューがサイドバーに縦に並ぶタイプです。ページ数が7ページ以上、または増やしていく場合に適しています。

2列型Fタイプ
テンプレート 2列型Fタイプ

スライドショーとメインコンテンツの幅が同じで、メニューがサイドバーに縦に並ぶタイプです。

2列型Gタイプ
テンプレート 2列型Gタイプ

ヘッダー、メニューが上に並び、スライドショーがフルスクリーンサイズ。スクロールして初めてコンテンツが表示されます。

2列型Hタイプ
テンプレート 2列型Hタイプ

ロゴとメニューが上部で横に並び、スライドショーがフルスクリーンサイズ。スクロールして初めてコンテンツが表示されます。

ページ幅を選ぶ

ブラウザに対して、ページの幅を固定するか、ブラウザの幅に合わせるかをお選びいただけます。固定幅であっても、お客様にご指定いただいた幅より狭い場合、最大幅は100%になります。

※固定幅でサイズのご指定がない場合の初期値は1280pxになります。

全幅固定
全幅固定

ブラウザの幅が一定の値を超えると左右に余白ができます。

部分固定A
部分固定A

ブラウザの幅が一定の値を超えると左右に余白ができますが、メニューバー、フッターの背景のみ100%幅を保持します。

部分固定B
部分固定B

ブラウザの幅が一定の値を超えると左右に余白ができますが、部分固定Aに加え、スライドショーも100%幅を保持します。

100%幅
100%幅

ブラウザの幅にホームページの幅を合わせます。

イメージカラーを選ぶ

大まかな指定

ホームページ全体のカラーを大まかにご指示いただく方法です。

たとえば、「全体的なイメージカラーは赤。でも背景は白で」や、「全体的にモノトーンだけど、重要な部分だけ彩度を落とした赤で!」など…。

もちろん、全体的なイメージカラーをご指定いただいた上で部分的にカラーをご指示いただいても構いません。

大まかにご指示いただいたイメージカラーをもとにこちらでデザインし、提案させていただきます。

ホームページのイメージカラー

詳細な指定

ホームページのカラーを細かくご指定いただくこともできます。ご指定いただける箇所は以下の通りです。

  • 背景色
  • 文字色(通常の文字色)
  • 見出し色(ページやコンテンツのタイトルなどの文字色)
  • 文字色(通常の文字色)
  • リンク文字色
  • マウスをのせたときのリンク文字色 etc
ホームページのイメージカラー

パーツを選ぶ

リンクボタン、タイトルのアクセントや、スライドショーのボタンなど、基本的には全体のデザインに合わせて弊社が選択しますが、もちろんお客様のご希望にも応じます。

弊社では、Font AwesomeのWebフォントを使用しますので、多彩な表現が可能になります。

スライドショーのボタン

スライドショーの各ボタンのパーツの例です。スライドショーの各名称はスライドショーのページをご覧ください。

ディレクションナビゲーション
コントロールナビゲーション
その他アクセント

上記はほんの一例です。

オーダーメイド感覚!

こんな感じでテンプレートをカスタマイズし、お客様のホームページ制作していきます。ここまでご覧いただきお分かり頂いたともいますが、決まっているのはレイアウトだけです。そもそも世の中に存在する数えきれないほどのホームページを見てみても、ごく限られたパターンで制作されています。国家のホームページであっても小規模の企業のホームページであってもです。

最初に紹介した6種類レイアウト。これが世の中のすべてとは言えませんが、このパターンに従い、色やパーツを変えることでオリジナリティあふれるホームページが出来上がるのです。弊社でも、この基本的な構造をもとにホームページを制作していくので作業時間を抑え、低価格でホームページを提供できるというわけです。